Daxter Music

名曲紹介

:セルゲイ・プロコフィエフ

contact

第12夜 交響曲第1番

第12夜は、プロコフィエフの交響曲第1番です。そのコンポジションから、作者本人により「古典交響曲」というタイトルが付けられています。

Sergei Prokofiev
生年月日 1891/4/23
代表作 「古典交響曲」など

ではこの素晴らしい曲をお聴きください。

演奏はBaltic Sea Philharmonicです。演奏レベルは正直う〜んという感じでしょうか。大雑把ですね。ダレすぎで練習場のような感じですので、 原曲の本来の魅力をパートごとに自分で考えてみるには良いかもしれません。

オーケストラでは、個々の指が正確に動くかということも重要ですが、指揮者(やコンサートマスター)の音楽的理解によってどのくらい(理解にバラツキのある)演奏者たちをまとめていけるかがキーになります。本曲は表情が豊かですが、その中でも「これぞ古典」というパートがあり、そこを引き立てていけないようでは「クラシック(古典)」として成立しません。

プロコフィエフによる原曲は「古典」の名にふさわしい傑作です。5歳から作曲を開始していた彼ですが、9歳でオペラを作曲、11歳でシンフォニーですから、早熟ですね。13歳でサンクトペテルブルク音楽院に入学し、15歳の時にリムスキー・コルサコフの管弦楽法クラスで学んでます。

この曲の初演はプロコフィエフが27歳の時でした。いつか時間があったら、こんな曲書きたいと思いますね。それくらい素晴らしいコンポジションです。しかもどことなく陽気で聴きやすいので、仕事中にも楽しめます。

シンフォニーの入門編としていかがでしょうか。

人気コンテンツ daxter-music.jp